患者さんの笑顔と元気のために

交通事故治療

  • HOME »
  • 交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因の痛み(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感等)の治療のことを指し、主に自賠責保険による治療のことをいいます。

当院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また、治療を受けているが、思ったように治らなくて困っている等の方々のご相談に応じております。

※交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。
 
交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。
そうならないためにも、早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。
 

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭われてしまった場合には、事故の大きさの程度に関わらず、まずは警察に届出を出しましょう。
 
※自賠責保険、任意保険どちらにも必要な事故証明を受け取れます。
 
大した怪我も無いし大丈夫だろうなどと思っていると、後になって急に身体に痛みが出てきたりすることもありますし、治療をしたいと思ったときには全て自己負担で治療をしなくてはならなくなってしまいますし、後遺症が残ってしまっても賠償金などをもらえずにつらい思いだけが残ってしまうことになります。
 
しかし、実際に交通事故に遭われてしまった場合にはショックでどうして良いのか分からないという方も多いかと思います。

相手の確認

警察の到着までの間に相手の車検証・免許証を確認しましょう。
 
【確認項目】
相手の住所・氏名・電話番号・免許証の登録番号
 
相手の勤務先と雇い主(業務中の交通事故の場合、原則として雇い主にも賠償責任が発生します)
 
こちらが被害者の場合、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険(任意保険)の会社名・証明書番号などを確認しましょう。
 
相手が無免許の場合や、自賠責保険や任意保険に加入してない場合もあるため、警察も確認しますが自分でも確認する必要があります。

 交通事故状況の記録

忘れないうちに、できるだけ詳しく記録し、携帯電話などで写真を撮っておきます。

【確認項目】
交通事故発生の日時・状況

交通事故現場の住所・周辺の状況

相手の車両ナンバー・自分の車両のキズ・相手の車両のキズ(数枚程度)

賠償交渉の時に、お互いの言い分が食い違ったりすると、解決するまで長時間かかってしまう場合があります。

なるべく証拠として使える記録を残しましょう。
また、説明が曖昧だと不利な状況になる場合もあります。後でどうだったか悩まないように自分できちんと整理しておきましょう。

自分の加入している保険会社に連絡

必ずご加入の保険会社へ、連絡をしましょう。
交通事故の場合、保険会社の多くが24時間受付をしています。

自己判断で行動するのではなく、ご加入している保険会社に一度ご相談下さい。

医療機関への受診

交通事故の場合、事故直後は交通事故によるショックや緊張の為、自覚症状がなく、後日気分が落ち着いた頃からお身体の痛みや、不調を訴えられ来院される方が多いです。

通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ケ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く信頼のおける医療機関でCTやMRIなどを用いた精密検査を受けることをお勧めします。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5579-9539 受付時間 平日9:30~20:30[日・祝日除く]
土曜9:30~17:00

PAGETOP
Copyright © 銀座木挽町整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.