肩の痛みにも様々な症状があります。肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)や筋肉痛(頸肩腕症候群<肩こり>)を始め、様々な原因が存在します。痛みの原因・発生のメカニズムを知ることで、ご自身の痛みと向き合いましょう。

加齢にともなう肩の関節や靱帯(じんたい)などの変化によって、炎症が起こり痛みを引き起こす病気です。最初は激しい痛みやしびれが突然現れ、腕を動かしたときだけではなく安静時にも強い痛みが起こります。

痛みは1ヶ月~半年ほどでやわらいでいく一方で、肩関節の動きが悪くなっていくことによって腕を上げたり肩を回したりする動作ができなくなり、日常生活にも支障をきたすようになります。その名の通り、40代~50代に多く発症しますが、加齢の他にも自律神経障害、血行障害、ホルモンバランスの変化などが原因と考えられています。

肩の筋肉痛の代表的なものは、誰でも経験したことのある「肩こり」です。パソコン作業のデスクワークや車の運転などで同じ姿勢を続けると、肩周辺の筋肉が疲労し血行が悪くなることによって首から肩、腕などに痛みやこり、こわばりやだるさなどが起こります。

一般的には「肩こり」と呼ばれていますが、正式には首から肩、なかには腕を含めた広範囲に渡って起こる「頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)」と呼ばれています。働き盛りの世代や、なで肩で筋力が弱い女性に多くみられますが、最近ではストレスや精神的な緊張から痛みを引き起こす人が増えています。

四十肩・五十肩とはその名の通り四十代、五十代の方に好発する肩関節周辺の筋肉・関節包 などの炎症のことです。
はっきりとした原因は不明ですが、加齢によって肩周辺の筋肉や関節包などが 柔軟性が失われたり癒着などが原因と考えられます。寒い季節に特に痛みが出やすいです。

特徴としては、ある一定の角度より腕を上げようとすると痛みが強く出ます。 特に後ろに手をまわして帯びをしめたり髪を結うような動作で痛みが強く出現します。 冷えることによっても痛みが強まります。
炎症が強く出ている場合は夜間痛といって寝ている時に強い痛みが出る場合があります。 寝返りをうつことさえも辛くなってしまいます。また特徴としては予後は良好なんですが、 完治するまでにしばらく時間がかかってしまう事です。

痛いからといって肩を動かさなくなってしまうと拘縮といって周りの筋肉が硬くなってしまい、 余計に手が上がらなくなってしまったり、反対側の肩への負担が大きくなり両肩へ症状が 出現してきたりしますので早めの治療をお勧めします。
夜間痛が出ているような強い炎症期には無理に肩を動かすことはせずに回りの筋肉を 干渉波という電気をかけたりマッサージによって緊張をほぐして環境を良くしていきます。

強い炎症期を過ぎた時点で積極的に運動療法を行い、二次的な関節包や骨膜の癒着、 筋肉の萎縮の発生を防止します。具体的には手技によって肩関節や胸椎、頚椎、肩甲骨などの 動きを良くして関節可動域を広げていきます。

肩の痛みによる代償作用で背中の筋肉や肩甲骨の 周りの筋肉への負担が大きいので背中も全体的にほぐしていきます。
また自宅でご自分で出来る運動法もご指導致します。